女性用水着の世界

女性用水着の分類

女性用水着を、デザインの違いによって大別すると、「ワンピース」・「ツーピース」という2種類があります。また、トップスラインやボトムスラインによる分類も可能となります。それらの中でも、ボトムスのラインによって分類したものの1つが、「ハイレグ」です。ハイレグは、布地が腰骨あたりまでカットされているデザインで、1980年代後半から時代のトレンドとなりました。また、従来の競泳大会では、ハイレグ水着で出場する選手が多かったものの、現在は減少傾向にあります。また、ハイレグと比較して、布地のカット位置がさらに高い「スーパーハイレグ」もあります。

続いて、「ローレッグカット」は、カットが非常に浅くなっているデザインです。また、ショートパンツ風のデザインは、「ボーイレッグ」と呼ばれます。そして、股上のカットが浅くなっている「ローライズ」というデザインも存在します。ローライズは、1970年代から流行し始め、その流れは1980年代前半まで続きましたが、後半からは、ハイレグにその地位を譲ることとなりました。ローライズは、露出度が高く、短足に見えるため、現在では、グラビアアイドルの他に着用する人はあまり存在しません。

ここでは、女性用水着を分類し、それぞれの種類に関するさまざまな情報をご提供しましょう。女性用水着のトップスライン・ボトムスライン、ボトムスのバック、結合部・ストラップによる分類方法について、詳しく知りたい方は、参考にしてみて下さい。

メインメニュー

サブメニュー