女性用水着の世界

ボトムスラインの違い

水着の中で、女性の使用するものは、「ワンピース」・「ツーピース」というデザインの違いがあるほか、トップス・ボトムスのそれぞれのラインから分類することも可能です。その内、ボトムスのラインによって分類したものの1つに、「ハイレグ」というデザインがあります。こちらは、布地が腰骨のあたりまで、高くカットされたデザインです。ハイレグは、「ローライズ」に替わり、1980年代の後半から流行し始めました。従来、競泳大会に出場する選手は、ハイレグの水着を使用するケースが多く存在しましたが、現在では、減少する傾向にあります。また、ハイレグよりも高い位置で布地がカットされている、「スーパーハイレグ」と呼ばれるデザインもあります。

次に、カットが非常に浅いデザインは、「ローレッグカット」と言います。また、「ボーイレッグ」は、ショートパンツのような感じのデザインです。そして、「ローライズ」は、股上のカットが浅いデザインです。こちらは、1970年代から1980年代前半にかけて時代のトレンドとなりましたが、肌の露出が多く、足が短く見えることから、現在では、グラビアアイドル以外の人が着用するケースはあまりありません。その他に、ショーツとキュロットスカートが一体化した「キュロパン」というデザインもあります。

メインメニュー

サブメニュー